> > 環境分野のビジネスチャンスを広げる展示会「びわ湖メッセ」 出展者を募集

環境分野のビジネスチャンスを広げる展示会「びわ湖メッセ」 出展者を募集

 印刷 記事を保存
環境分野のビジネスチャンスを広げる展示会「びわ湖メッセ」 出展者を募集

昨年度の様子

環境産業総合見本市「びわ湖環境ビジネスメッセ2017」(10月18日~10月20日開催)は、2月1日から出展者の募集を開始した。また、出展募集説明会を大阪、名古屋、東京の3会場で開催する。

これは、水環境ビジネスや新エネ・省エネなど環境に関わる幅広い分野の製品・技術が一堂に会する展示会で、今回新たに「スマート社会・IoT」の分野での出展も募集する。

この展示会は、出展者と来場者が活発に商談を交わすBtoBに特化した展示会で、セミナー、出展者プレゼンテーション、ビジネストリップなどが開催される。「環境と経済の両立」を基本理念に、持続可能な経済社会の実現を目指し、環境産業の振興を図ることを目的として1998年から毎年開催されているもの。

前回の「びわ湖環境ビジネスメッセ2016」(2016年10月19日~21日)には、計292の企業・団体が出展し、3日間で29,190人の来場があった。

今年は20回目、来場見込み37,000人

今年のびわ湖環境ビジネスメッセ2017は、通算20回目の記念開催となり、今回は37,000人ほどの来場者を見込んでいる。開催場所は滋賀県長浜市にある長浜バイオ大学ドーム(滋賀県立長浜ドーム、JR田村駅から徒歩5分)。環境ビジネスに取り組む企業・団体に、新規顧客開拓や販路拡大の機会として、出展を呼びかけている。

出展を募集する分野は、水環境ビジネス、エコプロダクツ、環境土木・環境建築、農業・食と環境ビジネス、廃棄物処理・リサイクル、浄化(土壌・大気)、新エネ・省エネ、グリーン物流、環境ソリューション・環境IT、スマート社会・IoT、G to B、産学官連携、環境啓発など。

出展を募集する期間は2017年2月1日(水)~5月31日(水)まで。出展料金は1標準小間(3m×3m)あたり206,000円(税込)。申込みは同イベントのウェブサイトから。

東京・名古屋・大阪で出展者向けの説明会

出展者に向けた説明会は2月7日(大阪)、2月15日(名古屋)、2月22日(東京)に開催される予定。

事務局からイベント概要と出展者の募集についての説明があるほか、産業タイムズ社(東京都千代田区)から「IoT時代を切り開く環境・エネルギーの新世界 ~センサー、ロボット、省エネデバイスが革新する農業、医療、物流~」というテーマでの講演が予定されている。

説明会への参加についても、同イベントのウェブサイトから申し込む。参加費は無料。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.