> > 東京オリンピック金メダル材料、使用済携帯電話から抽出

東京オリンピック金メダル材料、使用済携帯電話から抽出

 印刷 記事を保存
東京オリンピック金メダル材料、使用済携帯電話から抽出

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、東京2020大会時の入賞メダル制作において、原材料となる金、銀、銅を使用済携帯電話などから抽出されるリサイクル金属を活用することによって調達することを発表した。

これにともない、2017年4月から国民参加型のプロジェクト「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」を開始する。

このプロジェクトは、日本全国で国民が参画してメダルを制作するというだけでなく、回収された廃棄物からメダル製造に必要なすべての金属量を賄うという野心的な視点と「金」の調達においてはリサイクル率100%の実現を目指すという、これまでのオリンピックになかった画期的な取り組みを行うものだ。

このプロジェクトに関して、リオ五輪体操個人総合金メダルの内村航平氏は「今では便利にスマートフォンやパソコンを使っていますが、進歩する度に使えなくなって廃棄するだけではもったいないと思います。体操の技術も昔からの選手たちの取り組みがあって今につながっています。今回の取り組みは、これまで利用してきた価値や思いをメダルに込めるわけですし、将来に大切なメッセージを伝えるプロジェクトになると思います」とコメントを寄せている。

【参考】

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.