> > 宇宙ステーションによる食料生産 火星探査にも植物工場が導入される?

宇宙ステーションによる食料生産 火星探査にも植物工場が導入される?

 印刷 記事を保存

2015年8月10日には、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在しているNASAの宇宙飛行士が、人工光型・植物工場にて生産したレタスを初めて試食したが、その後も植物工場システム「Veggie」では継続的な栽培実験が行われており、花の栽培やレタスの再生栽培などが行われている。

国際宇宙ステーションISS内に導入された植物工場「Veggie」では6株のレッド・ロメインレタスを栽培され、収穫の際には株元を切って、全てを収穫するのではなく、宇宙飛行士が必要な量だけを収穫し、再度、植物を生長させる「再生栽培」の実験が行われている。

再生栽培とは、植物の株元・根を活用して野菜を再生させる栽培方式であり、身近な例では、私たちもネギをカットし、根本だけを水につけ、2週間程度で葉を再生させ、繰り返し使用している。


この記事は、たとえば

  • 宇宙開発でも使われる植物工場の事例として参照できます。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.