> > 直管型LED照明の安全性、国際規格スタート 日本工業規格(JIS)ベース

直管型LED照明の安全性、国際規格スタート 日本工業規格(JIS)ベース

 印刷 記事を保存

国際電気標準会議(IEC)において1月、一般照明用直管LEDランプの安全性についての国際規格(IEC62931)が発行された。

この国際標準化は、省エネルギー性能の高い直管LEDランプの安全性向上と普及促進のため、IECにおいて日本が提案していたもので、国際規格(IEC62931)は日本工業規格(JIS)を基礎にしている。これにより、誤使用の防止はもとより、電気的・機械的な構造としても安全性の高い直管LEDランプの海外市場での拡大や、省エネ製品の普及を通じた貢献が期待される。

経済産業省は、この国際規格の概要などについて下記のようにまとめたものを公表している。

(※全文:1247文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.