> > 東電、電気自動車の活用アイデアコンテスト開催 EV10台を3年無料貸し出し

東電、電気自動車の活用アイデアコンテスト開催 EV10台を3年無料貸し出し

 印刷 記事を保存

東京電力ホールディングス(東京都千代田区)は2月14日、電気自動車を最長3年間無料で貸し出す「EV活用アイデアコンテスト」を開催することを発表した。

同社は、オープン・イノベーションWebページ「TEPCO CUUSOO」において、電気自動車(以下EV)を活用した新しい事業・技術アイデアや、当該アイデアを自ら実証実験する提案を広く募集している。その中で、優秀アイデア提案者に対しては、合計で最大10台のEVを最長3年間無料で貸し出す「EV活用アイデアコンテスト」を開催する。

募集期間は、2月14日から4月14日まで。参加費は無料。応募資格は下記の通り。

  • 国内の法人・団体事業者(自治体・マンション組合含む)
  • 最終審査会(2017年5月)の時期に参加が可能であること
  • 貸与された自動車を駐車する十分な場所(駐車場・車庫など)、充電用のコンセントの設置等EVを利用するうえで必要な条件が整っている、または整えられること

今回の募集テーマは、「EVの新たな活用方法のアイデア&リードユーザ募集」だ。EVを活用した新しい事業・技術アイデアと、そのアイデアを自ら実際に実証実験するリードユーザを募集している。ただし、提案者の保有する技術やノウハウ、製品などを活用するアイデア(他人・他社から承諾されたアイデア含む)で実施可能なものに限るとしている。

応募された提案は、実現性、社会性、EV特有性の3つの観点から審査が行われる。また、プレゼンテーションでの最終審査を行い、5月末に優秀アイデアが決定される。

応募にはTEPCO CUUSOOのアカウントが必要。その他の留意事項や募集については、オープン・イノベーションWebページを参照のこと。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.