> > 「北海道開拓おかき」の廃食油でバイオマス発電 新エネ大賞の特別賞に

「北海道開拓おかき」の廃食油でバイオマス発電 新エネ大賞の特別賞に

 印刷 記事を保存
「北海道開拓おかき」の廃食油でバイオマス発電 新エネ大賞の特別賞に

「北海道開拓おかき」の製造工場に導入したバイオマス発電機

ヤンマーエネルギーシステム(大阪市大阪府)は15日、同社、ホリ(北海道砂川市)、BDF(東京都墨田区)の3社による製菓製造工場からの廃食油を利用したバイオマス発電機の導入事例が、「平成28年度新エネ大賞」において審査委員長特別賞を受賞したと発表した。

廃食油の燃料化から発電までの設備を搭載したユニット構造による、ワンストップのバイオマスエネルギーシステム

こちらをクリックすると拡大します
廃食油の燃料化から発電までの設備を搭載したユニット構造による、ワンストップのバイオマスエネルギーシステム

このバイオマス発電に活用する廃油は、ホリのグループ会社である北菓楼の「北海道開拓おかき」の製造工程において排出される廃食油だ。今回の事例は、同社とBDFが共同でコージェネレーション設備(発電出力25kW)をシステム構築し、ホリの「北海道開拓おかき」製造工場へ導入した。

従来、廃食油を自動車等の燃料として利用するには、メタノールと触媒を加えエステル交換反応をさせるための精製設備による多額の設備投資が必要だった。同システムは、化学反応を行わず、不純物や水分を除去した状態で直接燃料(SVO)として利用する仕組みを採用したことで、事業性の向上および全国の廃食油回収事業所への普及が期待できると評価され、受賞に至った。

新エネルギー財団が主催する「新エネ大賞」は、新エネルギーの導入促進と普及および啓発を図るため、新エネルギーに係る商品および新エネルギーの導入、あるいは普及啓発活動を広く募集し、優れたものを表彰するもの。表彰された団体や企業はエンブレムが付与され、受賞した機器、導入事例のPR等に活用することができる。

エンブレム

【参考】

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.