> > 東京オリンピックのメダルになる家電ゴミ、今度はイトーヨーカドーで回収

東京オリンピックのメダルになる家電ゴミ、今度はイトーヨーカドーで回収

 印刷 記事を保存
東京オリンピックのメダルになる家電ゴミ、今度はイトーヨーカドーで回収

環境省は、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの入賞メダルを、使用済み小型家電から作る取組みのPRイベントを2月25日(土)・26日(日)にイトーヨーカドー葛西店(東京都江戸川)で開催する。

このイベントは、4月1日から開始する国民参画型の「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」に先駆けて、環境省が先行して小型家電の回収を開始するもので、東京2020公認プログラムとなっている。

イベントでは、不要な携帯電話やゲーム機などの小型家電を持ってきた人に抽選で豪華賞品をプレゼントする。またステージでは、エコパフォーマンスショーやお笑いライブなどが予定されている。

伊藤忠彦環境副大臣や、リオデジャネイロオリンピックレスリング女子フリースタイル48kg級金メダリストの登坂絵莉さんをゲストに迎え、本取組みへの思いや、リオデジャネイロオリンピックでのエピソードを聞きながら、「小型家電リサイクル」や「都市鉱山」について楽しく学べるステージをクイズ形式で実施する。

開催日時は2月25日(土)・26日(日)11:00~16:30。場所はイトーヨーカドー葛西店の1階モールステージ。

「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」とは

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、オリンピック・パラリンピック史上初めての取組みとして、東京で2020年に開催される大会時の入賞メダルを、小型家電等から抽出されるリサイクル金属を活用して制作すると発表した。そのための取組みとして、国民参画型の「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」を2017年4月から開始する。

同委員会は、NTTドコモ、一般財団法人日本環境衛生センター、東京都、環境省と連携してプロジェクトを推進していく。東京都もプロジェクト開始に先行して、都庁舎において、家庭で不要になった携帯電話等の小型家電の回収を2月16日より開始している。回収した小型家電は、同プロジェクトに提供する。

今後は、全国に約2,400店舗あるNTTドコモの店舗および全国の自治体に設置される回収ボックス等で小型家電の回収を予定している。具体的な回収場所は正式に決定次第公表する。

スマホやデジカメ、パソコンなどの小型家電

イベントで回収する小型家電は、電話、携帯電話、デジタルカメラ、ノートパソコン、デジタルオーディオプレイヤー、DVDビデオ、ゲーム機、電子辞書、電気カミソリなど、回収ボックスの投入口(幅40cm×高さ20cm)に入るものが対象。詳しくは「小型家電リサイクル回収ポータルサイト」「小型家電リサイクル法パンフレット」で確認できる。

ステージスケジュール(両日ともに同スケジュール)は下記の通り。

  • 13:00~ エコパフォーマンスショー
    (クラウンじっきぃ、25日(土) 伊藤忠彦環境副大臣出演予定)
  • 13:30~ お笑いライブ (地球、魂ず)
  • 13:40~ みんなでエコを考えよう!クイズ大会!
    (地球、魂ず、26日(日) 登坂絵莉さん出演)
  • 15:30~ エコパフォーマンスショー(クラウンじっきぃ)
  • 16:00~ お笑いライブ(地球、魂ず)
  • 16:10~ みんなでエコを考えよう!クイズ大会!(地球、魂ず)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.