> > パナソニックの新型パワコン+蓄電池システム、小型化し壁掛けも可能に

パナソニックの新型パワコン+蓄電池システム、小型化し壁掛けも可能に

 印刷 記事を保存
リチウムイオン蓄電池ユニット(5.6kWh)

パワーステーションS(5.5kW)(屋側用)

パナソニックは2月20日、従来品比で約1/3に小型化し壁掛けも可能とした、住宅用パワーコンディショナの新製品「パワーステーションS(5.5kW)」を発売すると発表した。

また、同社はこの新製品とリチウムイオン蓄電池ユニット(5.6kWh)をセットにした「【住宅用】創蓄連携システム」の受注を4月5日より開始する。

リチウムイオン蓄電池ユニット(5.6kWh)

リチウムイオン蓄電池ユニット(5.6kWh)

この「【住宅用】創蓄連携システム」は、太陽光発電システム(別売)とリチウムイオン蓄電システムを連携させ、日常時も停電時も電力を安定供給するシステム。システムの合計価格(税抜・工事費別)は169万円。2017年度の販売目標は5,000システム。

なお、同システムは、同社製太陽電池モジュールと接続箱に対応。省施工化によりリフォーム需要にも対応する。


速結端子で施工の工数削減、無線LANも搭載

設置イメージ

設置イメージ

パワーステーションSは、停電時に炊飯器や電気ケトルを使用できる2.0kWの高出力はそのままに、小型化と壁掛け型を実現し、設置の自由度を大きく向上させた。国内住宅用パワーコンディショナ業界初の全端子速結端子を採用し、施工時の結線作業に要する時間を半減する。壁掛け型では基礎工事が不要となったため、設置範囲の拡大と大幅な工期短縮を実現した。

また、将来のインターネットを通じて外部システムから充電・放電を制御する遠隔制御を見据え、無線LAN機能の標準搭載やHEMS連携、さまざまな外部システムとのネットワーク連携機能を標準搭載している。

外部システムとのネットワーク連携機能

外部システムとのネットワーク連携機能

現在、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)住宅や2019年以降のFIT(固定価格買取制度)期間終了ユーザーの電力自給自足の暮らしに向けて、蓄電システムへの期待が高まっている。また、蓄電システムは、自然災害による停電時の備えとして、太陽光発電システムを有効活用できる製品としても注目されている。

同社社は住宅のスタンダード設備として、創蓄連携システム パワーステーションSの普及拡大を図っていく。なお、本システムは、第10回【国際】「PV EXPO 2017」(会期:3月1日~3日、会場:東京ビッグサイト)に出展する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.