> > 異常気象による廃棄野菜を培養土に 種とセットの栽培キットにして無料配布

異常気象による廃棄野菜を培養土に 種とセットの栽培キットにして無料配布

 印刷 記事を保存
異常気象による廃棄野菜を培養土に 種とセットの栽培キットにして無料配布

マイファーム(京都府京都市)は、気象災害の影響を受け廃棄される野菜を培養土へと作り変え、新たな野菜の種とともに梱包したリサイクル型栽培キットを0円で提供する八百屋を2月27日より世田谷にて期間限定でオープンする。

このリサイクル型栽培キットの名称は「Vegeloop(ベジループ)」。世田谷にオープンする期間限定ショップのほか、3月3日と3月4日にそれぞれ開催される、都内2カ所の青空市場に出店する。

野菜ラインアップ

Vegeloopとして現在取り扱っている商品は、なす・ラディッシュ・とうもろこし・だいこん・にんじん・かぼちゃの計6種類。野菜にそっくりなその見た目は、農家で捨てられるはずだった廃棄野菜のリサイクルによって生まれた培養土と、元の野菜と同じ野菜の種をくしゃくしゃの紙一枚を包むことによって作られており、そのしわによって廃棄野菜を再現している。

またパッケージには、水溶性の紙と自然に無害な大豆インク印刷が使われているため、栽培キット自体を丸ごとそのまま土に埋め水をかけるだけで、新たな野菜を育てることができる。

パッケージ

八百屋「Vegeloop Market」では、Vegeloopを野菜のような陳列方法で提供することで寄付を集める、新たな提供形態をとる。Vegeloopは「0円野菜」として販売、無償で提供はされる代わりに、顧客の任意価格を農家への寄付として募る仕組みとなっており、集められた寄付は、すべて農家へと還元される。

マイファームは、この取り組みによって1人でも多くの人に野菜づくりを考えるきっかけを提供するとともに、持続可能な食と農を支援につなげることを目指している。

培養土づくりはパナソニック製の生ごみ処理機を使用

Vegeloopは、農家で捨てられるはずだった廃棄野菜をリサイクルした培養土を利用してつくられている。原料として集められた廃棄野菜は、パナソニック生ごみ処理機によってまず肥料化され、専用の農場で土と混ぜ合わせることによって培養土へと変わる。この培養土を種と共に包装することによって、リサイクル型栽培キット「Vegeloop」が出来上がる。

Vegeloop は、廃棄野菜が生まれる大きな要因のひとつである異常気象と食の問題を少しでも身近に感じ、持続可能な農業をひとりひとりが考えるきっかけを生み出したいという、等身大の農家の声とマイファームの願い、そしてパナソニックの機材提供による協力によって生み出された。

特に、天候に左右されやすく品質や生産量を安定させることが難しい野菜づくりは、農家の収入も不安定になりがちで、その後継者不足も大きな問題となっている。加えて、ゲリラ豪雨や酷暑といった異常気象は年々常態化し、自然と向き合いながら野菜を育てる困難さは日に日に厳しさを増している。

マイファームは2007年に創業。「自産自消ができる社会」を理念に掲げ、耕作放棄地の再生・収益化事業やレンタルファーム(貸し農園)コンサルティングなどを手掛けている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.