> > 3月から「燃料電池バス」運行開始 東京オリンピックに向け100台導入

3月から「燃料電池バス」運行開始 東京オリンピックに向け100台導入

 印刷 記事を保存

東京都交通局は24日、トヨタ自動車が開発・市販化した燃料電池バス(FCバス)2両を導入し、3月21日から路線バスとして営業運行を開始すると発表した。運行するのは、東京駅丸の内南口と東京ビッグサイトを結ぶ路線(都05系統)。燃料電池バスの市販車による日本で初めての営業運行となる。

今回導入するのは、トヨタブランドで販売される最初のFCバスで車名は「トヨタFCバス」(乗車定員77人)。2月の1台に続いて、3月に1台納車する予定。

経済産業省の有識者会議、水素・燃料電池戦略協議会がとりまとめた「水素・燃料電池戦略ロードマップ」(2014年6月23日策定、2016年3月22日改訂)には、2016年中にFCバス・フォークリフトを市場投入することや、水素ステーションを2020年度までに160箇所程度整備すること等の目標や取組みの具体化が盛り込まれいる。

(※全文:1076文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.