> > CIS系薄膜太陽電池(30cm角)、変換効率19.2%に到達

CIS系薄膜太陽電池(30cm角)、変換効率19.2%に到達

 印刷 記事を保存
CIS系薄膜太陽電池(30cm角)、変換効率19.2%に到達

世界最高変換効率19.2%を達成したCIS系薄膜太陽電池サブモジュール(30cm角)

ソーラーフロンティアは27日、NEDOのプロジェクトにおいて、30cm角のCIS系薄膜太陽電池サブモジュールで、世界最高変換効率19.2%を達成したと発表した。

今回の成果は、同社厚木リサーチセンターにおいて、NEDOとの共同研究を通して、光吸収層における製膜プロセス改良による品質改善やバッファ層の変更等により達成された。

同センターでは、同社主力工場における生産装置の原型となるパイロットプラントを設置し、開発した技術を商業生産へ速やかに適用している。今回用いた新技術の一部を適用し、今夏より国富工場において、性能を大幅に向上させた製品の量産を開始する予定。

NEDOは今回の成果について、NEDOが掲げる発電コスト目標2020年に14円/kWhの実現に向けて大きく前進するものと説明している。

今回の記録は、同社が2012年2月にCIS系薄膜太陽電池サブモジュールにおいて達成した世界最高値17.8%を1.4ポイント更新すると同時に、すべての薄膜系太陽電池サブモジュールと比較しても世界最高記録となる。

また、今回、7cm×5cmサイズのCIS系薄膜太陽電池ミニモジュールにおいても、世界最高変換効率19.8%を達成した。

太陽電池の変換効率向上は、太陽光発電における発電コストの低減に大きく寄与するため、世界中の企業、研究機関が取り組んでいる。特に、銅、インジウム、セレン他による化合物を光吸収層とした、CIS系薄膜太陽電池は結晶シリコン系太陽電池と比較して膜厚を薄くでき、少量の原料で製造が可能なため、省資源かつ低コスト化できるという特長があり、さらなる変換効率向上が期待されている。

ソーラーフロンティアは、昭和シェル石油100%子会社の太陽電池メーカー。同社が生産・販売する独自のCIS薄膜太陽電池は、高温や影に強く発電量が多いこと等が特長にあげられている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.