> > 接続案件募集プロセスに参加した場合、容量確保のタイミングは入札の後

接続案件募集プロセスに参加した場合、容量確保のタイミングは入札の後

 印刷 記事を保存

電力広域的運営推進機関(OCCTO)は3月7日、電源接続案件募集プロセスにおける系統連系希望者の工事費負担金契約までの流れを、「電源接続案件募集プロセスの基本的な進め方について」の補足として発表した。

これは、特殊なケース等でのプロセスの進め方を示した資料のひとつとして、容量確保のタイミングなどを示したもの。

くわしくは下記資料を参照のこと。

(※全文:845文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.