> > 水素利用・燃料電池、今後の制度など方向性をまとめた政府報告書

水素利用・燃料電池、今後の制度など方向性をまとめた政府報告書

 印刷 記事を保存

経済産業省は3月7日、将来的なCO2フリー水素の利活用拡大に向け、現状の課題等を整理するとともに、産学官における今後の対応の方向性を記載した「CO2フリー水素ワーキンググループ報告書」を取りまとめ公表した。

水素・燃料電池戦略ロードマップ(2016年3月改訂)においては、最終的に目指すべき姿(フェーズ3)として、CO2の排出が少ない水素供給構造を実現することとしている。

一方、近年、固定価格買取制度(FIT)開始以降の再生可能エネルギーの急速な導入拡大に伴い、導入が集中しがちな地方における系統の空き容量不足や、火力電源等の調整力不足といった課題が顕在化している。こうした中、国内外において、電気エネルギーを大規模かつ長期的に貯蔵可能な水素エネルギーが注目されている。

今後、電力を水素に変換するシステム(Power-to-gasシステム)の技術進歩により、電力系統の安定化対策や再生可能エネルギー導入拡大に貢献できる可能性がある。

(※全文:1241文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.