> > 駅ビルの食品廃棄物でバイオガス発電 JR東日本・JFEエンジなど提携

駅ビルの食品廃棄物でバイオガス発電 JR東日本・JFEエンジなど提携

 印刷 記事を保存
駅ビルの食品廃棄物でバイオガス発電 JR東日本・JFEエンジなど提携

JFEエンジニアリング(東京都千代田区)、JFE環境(神奈川県横浜市)、東日本旅客鉄道(東京都渋谷区)、東日本環境アクセス(東京都台東区)の4社は3月7日、共同出資で設立したバイオガス発電事業社のJバイオフードリサイクル(神奈川県横浜市)により、バイオガス化による食品リサイクル事業に参入すると発表した。

新会社は2016年8月に設立した。横浜市内に出力1,800kW、年間想定発電量約11,000MWhのバイオガス発電施設を建設し、2018年8月から運転する予定。同設備の発電量は一般家庭の約3,000世帯分に相当する。

完成予想図

バイオガス燃料となるのは、JR東日本グループの駅ビル・エキナカ等から発生する食品廃棄物など。Jバイオフードリサイクルは、これら一日80tの食品廃棄物を微生物により発酵させ、発生するメタンガスを燃料にして発電を行う。

発電された電力は排熱の一部を施設内で利用する他、FIT(固定価格買取制度)を活用してアーバンエナジー(神奈川県横浜市)に売電される。

発電施設については、JFEエンジニアリングが設計・建設を行い、JFE環境が食品製造業などから発生する食品廃棄物を収集・運搬する。またJR東日本は東日本環境アクセスと連携して、JR東日本グループから発生する食品廃棄物のリサイクルを推進する。

関係各社は、この協業によって焼却処分によらない微生物の働きによって再生可能エネルギーを創出するもので、CO2排出量を削減し、地球温暖化防止に貢献するとしている。施設の営業運転は、2018年8月から開始する予定。

新会社の出資比率は、JFEエンジニアリングが10%、JFE環境が56%、JR東日本が17%、東日本環境アクセスが17%。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.