> > 1.36MWのソーラーシェアリング施設 パネル下では牧草を生産

1.36MWのソーラーシェアリング施設 パネル下では牧草を生産

 印刷 記事を保存
1.36MWのソーラーシェアリング施設 パネル下では牧草を生産

新潟鈴木ファーム太陽光発電所 着工式写真

自然電力(福岡県福岡市)とjuwi(ユーイ)自然電力(東京都文京区)は3月7日、新潟県新潟市の農地にソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)によるメガソーラー発電所を着工したと発表した。

ソーラーシェアリングとは、農地に支柱を立てて太陽光発電設備を設置し、農業と発電を同時に行う太陽光発電事業の手法を指す。

自然電力グループが、初めて開発からEPC(設計・調達・建設)までを一貫して手がける、このソーラーシェアリング発電所の名称は「新潟鈴木ファーム太陽光発電所」。

この発電所は、新潟県新潟市にある鈴木農園の一部約18,900平米の農地を利用して建設するもの。出力は約出力約1.36MW(DC)、年間発電量は約144.5万kWhを見込んでいる。これは一般家庭約440世帯の年間使用電力量に相当する。

また、メガソーラーの下部にあたる農地では、遮光耐性に優れた牧草を生産する。そのため発電所の設計・施工にあたっては、農作物への日射量を確保するため、架台間の距離を充分に確保し、農業機械が架台の下を通過できるように、地面からパネルの下端までの距離を約2m確保している。

この事業は、自然電力・開発事業パートナーのRETRY(東京都目黒区)が共同で開発を担当し、EPCは、juwi自然電力が担当する。

運転開始は、2017年5月を予定している。

発電した電力は、再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)を活用し、東北電力へ売電する予定だ。

今後、自然電力グループは、地域農業の振興と再生可能エネルギーによる発電量のさらなる拡大と両立を図るため、本事業を端緒とし、国内のソーラーシェアリングの実現に取り組んでいく考えだ。また、国内外問わず、発電所設置地域の状況やニーズに合わせたソリューションを提供していくとの考えも示している。

自然電力、juwi自然電力とは

自然電力は、太陽光・風力小水力など再生可能エネルギー事業の開発・EPC(設計・調達・建設)・O&M(運営・保守)をワンストップサービスで提供する自然電力グループの中核企業。グループは、日本全国で約700MW(2017年2月末時点)の太陽光発電事業に携わった実績を持つ。

juwi自然電力は、世界有数の風力・太陽光開発・EPC企業であるドイツのjuwi(ユーイ)と2013年に設立したジョイント・ベンチャー。これまで国内において累計49カ所(2017年2月末時点)の太陽光発電所のEPCプロジェクトを完工している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.