> > 燃料電池ではしる船 国土交通省、東京五輪を目標に実験スタート

燃料電池ではしる船 国土交通省、東京五輪を目標に実験スタート

 印刷 記事を保存

国土交通省海事局は15日、水素を燃料とする燃料電池船の安全ガイドライン策定に向け、日本小型船舶検査機構(JCI)の船舶検査を経て、小型船舶での燃料電池の実船試験を3月21日から開始すると発表した。

同局では、水素社会実現に向け、燃料電池船の安全ガイドライン策定事業に昨年度から3年計画で取り組んでいる。実験データに裏付けされた合理的なガイドラインの策定に向け、昨年度より陸上での基礎実験を実施してきた。実船試験は次のステージとして取り組む。

実船試験は、請負事業者として選定された(国研)海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所が主体となり、ヤンマー(大阪府大阪市)が開発した燃料電池システムと、船舶の総合電機メーカーである渦潮電機(愛媛県今治市)が開発したリチウムイオン電池システムを小型船舶の甲板上に搭載して行われる。

(※全文:1008文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.