> > LPガス販売のレモンガス、都市ガス小売に参入 料金は東京ガスの5%引き

LPガス販売のレモンガス、都市ガス小売に参入 料金は東京ガスの5%引き

 印刷 記事を保存
LPガス販売のレモンガス、都市ガス小売に参入 料金は東京ガスの5%引き

首都圏を中心にLPガスを供給・販売するレモンガス(神奈川県平塚市)は3月21日、今年4月の都市ガス小売りの全面自由化に合わせ都市ガス販売を開始することを発表した。これは同社が昨年4月に開始した電力販売に続く展開である。

販売対象は、東京都・神奈川県・埼玉県の東京ガスの供給エリア。また同社が提供する都市ガス料金は、東京ガスの一般料金の基準単位料金より5%安く設定している。

同社は、この都市ガス料金プラン「わくわくプラン」に、早期申込み対する「スタート割引」や、同社が販売している宅配水「アクアクララ」、光回線「レモンガス光」等のセット割を組み合わせると、首都圏の標準家庭(年間ガス使用量384立米)の場合、東京ガスの一般契約料金(2017年4月度料金)に比べ、年間にして約4.6%~約30.3%安くなるとしている。

レモンガスの都市ガス料金は、顧客のガスの使用量に応じて、6段階の基本料金および従量料金(単位料金×ガスご使用量)が適用される。また各種割引制度を設け、料金面での優待も図る。

レモンガス 都市ガス料金表(消費税含む)

20170322_b01

※上記の基準単位料金は、原料費調整額を加味しない単位料金。単位料金は毎月、輸入する原料の値段(基準平均原料価格57,250円/t)によって変動する。平均原料価格(貿易統計にもとづく3カ月の平均原料価格)が基準平均原料価格を上回る場合はプラス調整を、下回る場合はマイナス調整を行う。

レモンガスは、関東の1都4県において約30万世帯の顧客にLPガスを供給している。また、宅配水のアクアクララ事業、電力販売や太陽光発電、エネファーム等の新エネルギー事業、リフォーム事業などを手掛けている。

4月のガス小売りの全面自由化以後、ガスを販売できるガス小売事業として、経済産業省に3月21日に事前登録された。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.