> > 環境省、環境影響報告書の作成に役立つヒントや注意点をまとめて公表

環境省、環境影響報告書の作成に役立つヒントや注意点をまとめて公表

 印刷 記事を保存

環境省は21日、「環境影響評価法における報告書の作成・公表等に関する考え方」として、報告書の作成にあたり実務上の参考となる考え方や留意事項等をとりまとめ、公表した。

2011年4月に改正された環境影響評価法において、環境保全措置や事後調査の結果を報告書として作成・公表する規定が設けられた。同報告書を作成・公表することは、地域住民等との信頼性や環境影響評価制度自体の信頼性の向上につながるとともに、事業者自身の社会的評価を高めることにつながる。

この規定に基づく報告書の作成・公表等が想定される時期となったため、同省は今回、これらに関する基本的な考え方やその留意事項等について検討を行った。概要は以下の通り。

(※全文:1248文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.