> > 地中熱利用システム、2016年3月末時点での全国設置件数は6,877件

地中熱利用システム、2016年3月末時点での全国設置件数は6,877件

 印刷 記事を保存

環境省は3月23日、空調、給湯、融雪など多様な用途に用いられる地中熱利用システムにおける2016年度の設置状況を調査し、その結果を公表した。

同調査によれば、2016年3月までの地中熱利用システムの設置件数は6,877件で、前回調査(2013年12月までの件数)の5,711件から1,166件(20.4%)の増加したことがわかった。

この調査は、全国の地中熱利用システムの設置状況を把握するため、2010年度から2年ごとに実施されている。

調査の対象は、特定非営利活動法人地中熱利用促進協会(以下「協会」)の会員、同協会が地中熱利用に関する実績を把握している事業者(施主、設計者、工事会社等)・大学・地方公共団体およびインターネットでの検索結果により地中熱利用に関する実績を有する事業者・大学である。回答数は161件であった。

(※全文:1023文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.