> > NEDO、洋上風況マップ(全国版)を公開 データもダウンロード可能

NEDO、洋上風況マップ(全国版)を公開 データもダウンロード可能

産業技術総合開発機構(NEDO)は3月23日、洋上風力発電の設置場所を計画する上で必要な情報を一元化した国内初の洋上風況マップ(全国版)を公開した。

洋上風力発電事業を計画するには、適地検討のために「広範囲かつ高解像度の風況情報」、「自然・社会環境情報」、「発電量簡易予測」など、多様な情報収集が重要とされる。風況が十分であるかどうか事前検討の精度を上げるため、また漁業関係者や航行関係者等との円滑な調整を行うためにも、信頼できるデータが必要である。

このマップは、これらの情報を一覧的にまとめたもの。具体的には、高精度の数値シミュレーションによる洋上の風況情報、水深、生物生態、海底地質等の自然環境情報、港湾区域や、航路、史跡等の社会環境情報などが把握できる。必要に応じて風配図や風速の経年変化、鉛直分布などのデータもダウンロードできる。

マップの名称はNeoWins(NEDO Offshore Wind Information System)。全国版の開発には2015年度から2年間を要した。洋上風況マップ(全国版)はNEDOのウェブサイトから閲覧できる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 70 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.