> > 兵庫県も太陽光発電向けの条例を制定 5000平米以上が対象

兵庫県も太陽光発電向けの条例を制定 5000平米以上が対象

 印刷 記事を保存

兵庫県は3月23日、太陽光発電施設等と地域環境との調和に関する条例を制定したことを発表した。

この条例は、原則として事業用区域の面積が5,000m2以上の太陽光発電所の設置工事などについて適用される。条例は一部の規定を除き2017年7月1日から施行される。

建築基準法、都市計画法等の法令による規制を受けない太陽光発電施設については、景観又は眺望の阻害、太陽光パネルの反射光による住環境の悪化、土地の形質変更に伴う防災機能の低下、設置計画の近隣への説明不足等によるトラブルが問題となっている。

そのためこの条例は、太陽光発電施設等と地域環境との調和を図るため、太陽光発電施設等の設置に係る事業計画の届出制度を創設する等、その設置及び管理に関して必要な事項を定め、良好な環境及び安全な県民生活を確保するために制定されたものだ。

(※全文:883文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.