> > コープ、商品ダンボールの50%をFSC認証製品へ

コープ、商品ダンボールの50%をFSC認証製品へ

 印刷 記事を保存
コープ、商品ダンボールの50%をFSC認証製品へ

日本生活協同組合連合会(日本生協連/東京都渋谷区)は3月30日、2020年度末までに、コープ商品に使用する段ボールの50%を、国際的な森林管理認証制度であるFSC認証(森林認証)を受けた段ボールへ切り替えることを発表した。2017年4月から本格的にFSC認証のダンボールの採用を開始する。

FSC認証マーク

日本生協連は、2010年に「2020年に向けた生協の新たな環境政策」を発表し、持続可能な社会の構築に向けて取り組んできた。今回、その取り組みのなかで「環境配慮商品」として取り扱うために、FSC認証を受けたダンボールを採用した。

なお、プライベートブランド(PB)商品での本格採用は国内初の取り組みとなる。日本生協連は今後も、FSC認証を受けた商品や、牛乳パック等の回収古紙を利用した商品など、環境に配慮した商品の開発、普及に積極的に取り組んでいくとしている。

FSC認証(森林認証)とは、国際的なNGO、Forest Stewardship Council®(森林管理協議会、略称FSC®)が運営する森林管理の認証制度を指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.