> > 建築デザインに農業を融合させた「アグリテクチャー」 カナダで建設へ

建築デザインに農業を融合させた「アグリテクチャー」 カナダで建設へ

 印刷 記事を保存
建築デザインに農業を融合させた「アグリテクチャー」 カナダで建設へ

カナダでは各都市による「グリーン・シティ」開発が進められており、例えば、バンクーバー市は2020年までに 「グリーン・シティ」 を実現するため都市型農業の拡大や食品廃棄物のリサイクルなどを自治体が先頭に立って行っている。

その他、エドモント市でも、都市型農業や地産地消・ローカルフーズによる生産を推進するために、農業利用に関する新たな土地活用条例が整備されている。

こうした中で、カナダ・トロントのクィーン・ストリート・ウェストにて植物や野菜の栽培を、うまく建築に取り入れた画期的な建設プロジェクトがスタートした。施設名は「The Plant」。


この記事は、たとえば

  • 建築物のデザインや新しい事業形態を考える方にとって、次世代型の建築物の事例として参考になります。
  • 農業関連のシステム・設備を販売する事業者にとって、都市型農業の市場動向として参照できます。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.