> > トランプ政権により都市型農業が壊滅する? ニューヨークの動向

トランプ政権により都市型農業が壊滅する? ニューヨークの動向

 印刷 記事を保存

緑の街、ニューヨークもトランプ政権の影響を大きく受けている。公園・緑が多い大都市として有名なニューヨークでは、「コミュニティー・ガーデン」の運営・維持を行うコミュニティーやNPOに対して、多くの補助金が捻出されているが、こうした補助資金をトランプ政権ではゼロにしようと計画されている。

NYには、民間企業・ベンチャーが屋上菜園や植物工場を運営している事例もあるが、多くの場合はNPOなどが運営・維持するコミュニティー・ガーデンであり、そこでは野菜や果物など農作物を生産しているだけでなく、地産地消の食品配送やイベントの開催など、地域住民への密接したサービスを展開している。


この記事は、たとえば

  • 米国の自治体が取り組む共同菜園の振興施策として参照できます。
  • 都市型農業に関する事業者にとって、米政権が与える市場への影響について参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.