> > 北陸電力、水力発電を増やす目標を設定 さらに1.1億kWh

北陸電力、水力発電を増やす目標を設定 さらに1.1億kWh

 印刷 記事を保存
北陸電力、水力発電を増やす目標を設定 さらに1.1億kWh

北陸電力(富山県富山市)は4月3日、水力発電所の西勝原第三発電所(福井県大野市)の発電所出力を増加させたことから、電気事業法に基づき発電事業変更届出書を経済産業大臣へ届出たこと、また水力発電で発電する電力量について、2025年度までに、2007年度と比べて、年間で2.4億kWh増加させるという新たな目標を設定したと発表した。

同社では、電源の低炭素化の取り組みの一つとして、水力発電電力量の拡大を目指し、既設設備の改修等に積極的に取組んでいる。その結果、2020年度目標の1.3億kWh/年拡大(2007年度対比)を今年度中に達成できる見込みとなった。

2007年度と比べて水力発電電力量が拡大した累計値は、2016年で年間1.288億kWhに達している。

そのため2020年度までの目標を1.5億kWh/年拡大(2007年度対比)に拡大するとともに、2025年度に向けた新たな目標を設定した。2025年度の水力発電電力量拡大目標は、2016年度比では1.1億kWh増となる。

また同社は、水力発電電力量の拡大のために、西勝原第三発電所で水車の設備改修(水車羽根車の取替)を行った。性能確認試験では、発電所出力を1,500kW増加できることを確認し、最大出力を49,500kWに変更した。これによる年間発電電力量の増加量は約660万kWh。また、CO2排出量削減効果は年間約3,900トンと試算している。

西勝原第三発電所の概要

老朽化した2つの風力発電所は廃止

一方、同社は4月3日、経年による老朽化が進んでいた碁石ヶ峰風力発電所(石川県鹿島郡中能登町)および輪島風力発電所(石川県輪島市)を3月31日付で廃止すると発表した。

碁石ヶ峰風力発電所の最大出力は600kW(600kW×1基)で、2000年3月に運転を開始した。輪島風力発電所の最大出力は3,000kW(600kW×5基)で、2002年4月に運転を開始した。両発電所は、同社の再生可能エネルギーとして低炭素社会実現の一端を担ってきた。

2016年度末の風力発電設備容量(北陸電力グループ合計)は29,600kW(2015年度比4,400kW増)。至近では、グループ会社の日本海発電による三国風力発電所(出力8,000kW)が、2017年1月31日に運転を開始している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.