> > 10kW以上の太陽光発電はパワコンの設定変更を 九州電力が協力依頼

10kW以上の太陽光発電はパワコンの設定変更を 九州電力が協力依頼

 印刷 記事を保存
10kW以上の太陽光発電はパワコンの設定変更を 九州電力が協力依頼

電圧フリッカのイメージ

九州電力(福岡県福岡市)は4月7日、電力供給エリアにおいて、晴天で太陽光発電の出力が多く、かつ電力需要が少ない時期の昼間帯に発生している電圧フリッカを防止するため、10kW以上の低圧太陽光発電事業者にパワーコンディショナ(PCS)の保護機能の設定を変更するよう協力を求めた。

電圧フリッカは、電線路の電圧が繰り返し変化することで、照明のチラつき等を引き起こす現象をいう。同社は、今回広域に発生している電圧フリッカの原因について、一部の低圧太陽光用パワーコンディショナに備えられている単独運転検出機能(新型能動的方式)から、大量の無効電力が電線路に注入されたためと説明している。

そこで、電圧フリッカ防止対策のひとつとして、新型能動方式による単独運転機能を備えたPCSを有する10kW以上の低圧太陽光発電事業者に対してPCSの設定を変更するよう依頼を進めている。

同社は、PCSの設定変更により電圧変動がある程度低減し、電圧フリッカ発生の抑制に効果があると考えている。

九州電力の報告を受け、経済産業省資源エネルギー庁は4月7日、九州エリアにおける10kW以上の低圧太陽光発電事業者に向けて文書を発表し、九州電力からPCS設定変更等の協力を求められた際にはこれに協力する義務があることを認識し、適切に対応するよう要請した。

再エネ特措法(電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法)施行規則では、認定基準として、再生可能エネルギー発電事業者は、電力会社から供給する電気の電圧および周波数の値を維持するために必要な範囲で、再生可能エネルギー発電設備の出力の抑制その他の協力を求められたときは、これに協力することが規定されている。

太陽光発電やPCSに問題はなし

PCSは、電線路に接続するために必要な保護機能を有しており、電線路側の停電または発電設備の故障を検出し、電線路から太陽光発電設備等を切り離すことで、「感電事故の防止」など安全を確保している。

九州電力によると、今回の電圧フリッカは、PCSの停電を検出する保護機能の設定が、大量に太陽光発電が接続された電線路の状況に適していないことにより生じているものであり、太陽光発電やPCSそのものに問題はないという。

感電や停電の心配はなく、家電製品への影響もない

九州電力によると、電圧フリッカは電力品質の問題で、感電や停電など安全面・保安面の問題はない。また、照明がチラつくのみで、その他家電製品への影響は確認されていないという。チラつきが気になる場合は、照明の電源を切るようアドバイスしている。

また、同社では、電圧フリッカ発生を抑制するための機器などの販売は行っておらず、機器などの販売目的で顧客を訪問することや、電話連絡をすることはないため、なりすまし詐欺などに注意するよう呼びかけている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.