> > 断熱材・蓄熱材向け「断熱リノベ補助金」、2019年度も公募 蓄電池も対象に

断熱材・蓄熱材向け「断熱リノベ補助金」、2019年度も公募 蓄電池も対象に

環境共創イニシアチブ(SII/東京都中央区)は4月12日、戸建住宅と集合住宅に対して、一定の省エネ効果が見込まれる、高性能建材(断熱材、ガラス、窓)を用いた断熱リフォームを支援する補助金の公募要領を公開した。

事業名は、環境省事業の2019年度「高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業」(通称:断熱リノベ)。

この事業では、戸建住宅については、この断熱改修と同時に行う高性能な家庭用設備(家庭用蓄電システム・家庭用蓄熱設備)の導入・改修支援も行う。なお、家庭用設備に関する支援は、太陽光発電システム等(10kW未満)が設置され、2020年3月末までに固定価格買取制度(FIT制度)の契約が終了(卒FIT)する人が対象。また、2019年度の事業では、戸建住宅のみ、窓のみの改修が選択できるようになった。

省エネ・省CO2性能が高い建材を用いた断熱改修を支援する、国の補助制度には、この断熱リノベーション事業と、経済産業省事業の次世代省エネ建材支援事業がある。後者は、住みながら短工期で改修する事業を対象としている。SIIは、現在、両事業の対象製品公募と一般公募の説明会を合同で開催しているところだ。

断熱材・窓・ドア、蓄電池も対象

事業の要件など、詳細は公募要領を確認のこと。概要は以下の通り。

(※全文:922文字 画像:あり 参考リンク:あり)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.