> > 国内初、「瞬時電圧低下」対策サービス 4800kWの蓄電池で実現

国内初、「瞬時電圧低下」対策サービス 4800kWの蓄電池で実現

 印刷 記事を保存

SUBARU(東京都渋谷区、旧社名:富士重工業)と日本ファシリティ・ソリューション(JFS/東京都品川区)は4月11日、栃木県佐野市のスバル研究実験センターにおいて、4月1日より大容量リチウムイオン蓄電池を活用した瞬時電圧低下対策サービスの運用を開始したと発表した。

このサービスは、送電線等への落雷に伴う瞬時電圧低下の発生時に、JFSが同センターに設置した4,800kW相当の大容量リチウムイオン蓄電池システムから放電することにより、瞬時電圧低下を解消するもの。これにより、車両の性能試験中断等を防ぐことができる。設置されている蓄電池は、東芝(東京都港区)のSCiB。

(※全文:652文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.