> > 契約件数に応じて従量制・定額制を使い分け 新電力向け需給代行サービス

契約件数に応じて従量制・定額制を使い分け 新電力向け需給代行サービス

 印刷 記事を保存

日本新電力総合研究所(東京都千代田区)は4月17日、ビジネススタート時など契約件数が少ない場合は従量課金で負担を少なくし、契約件数が増えると定額制に切り替えることができる、新電力向け需給代行サービス「シェアードS/D(需給)BPO 」を開始したと発表した。

この新電力需給代行サービスでは、「従量制(S/D BPO 従量プラン)」と「定額制(S/D BPO 定額プラン)の2種類の料金プランが用意されている。

同社は、従量課金で小売電気事業をスモールスタートさせることが可能になったばかりでなく、契約件数が増えて従量課金だと負担が大きくなる前に定額制で利用できるため、利益率を伸ばすことが可能だとしている。

(※全文:1081文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.