> > 米ネブラスカ大学、最先端の植物工場で研究スピードを加速

米ネブラスカ大学、最先端の植物工場で研究スピードを加速

 印刷 記事を保存

アメリカ・ネブラスカ大学では、光センサー・自動化設備を導入した太陽光利用型植物工場にて最新の研究が行われている。世界人口の増加、異常気象や地球温暖化などの影響を受け、同大学では農作物の栽培環境にも大きな変化に対応できる品種改良に挑戦している。

施設内では、麦などの穀物についてポット栽培が行われており、高い塩分濃度や少ない水でも栽培可能な「耐塩性・耐乾性」品種を特定するため、栽培ポットごとに環境を変えながら比較分析を行うことができる。


この記事は、たとえば

  • 植物生育技術についての研究開発を担当する人にとって、省労力化・研究スピード加速のヒントになります。
  • 植物工場・ICT化の関連事業者にとって、米国における最新の自動化設備事例を知ることができます。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.