> > 30mの浅深度でも熱交換できる地中熱利用システム 施工費を約40%低減 

30mの浅深度でも熱交換できる地中熱利用システム 施工費を約40%低減 

 印刷 記事を保存
30mの浅深度でも熱交換できる地中熱利用システム 施工費を約40%低減 

江戸東京たてもの園ビジターセンター

三井化学産資(東京都文京区)は4月21日、森川鑿泉(さくせん)工業所(大阪府摂津市)と共同開発した、従来工法より浅埋(あさまい)で十分な熱交換が可能な地中熱利用システムが、江戸東京たてもの園(東京都小金井市)の事務棟空調設備に採用されたと発表した。

同システム「Geo-Mex R3™」の特長は、三井化学産資が新開発した熱交換パイプを用いることで、パイプを埋設する深度(従来工法では100m)が、30mの浅さでも十分な熱交換が可能となった点だ。

同社はこれにより、地中熱利用の大きな課題であった施工費用を、従来工法に比べ約30~40%低減できると発表している。また、多くの削井業者が所有している小型の井戸掘削機でも施工でき、汎用性が高まった。

なお性能についても、この熱交換パイプは江戸東京たてもの園での予備試験の結果、同深度で比較し従来品比で37%の性能向上が確認された。

施工の様子
施工の様子

Geo-Mex R3™の施工の様子(民間物件での作業)

地中熱利用システムは、季節や時間に関わらず温度が一定である地中の熱エネルギーを、夏は冷熱、冬は温熱として有効活用するもの。

通常のエアコンが利用できない環境下(外気温マイナス15℃以下)でも利用できる点や、都市部では、冷暖房システムにより発生する熱を屋外に放出しないため、ヒートアイランド現象の抑制につながることなどがメリットだ。

地中熱の活用は、ショッピングセンターや農業用ハウス、融雪用途、寒冷地の住宅などでの採用が進んでいる。また、スマートタウン構想やネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)の実現に向けて更なる利用拡大が期待される。

なお、三井化学産資は、土木資材、建設資材、ガス管・給水給湯管などの管材を手掛ける総合的産業資材会社。森川鑿泉工業所は削井工事・温泉ボーリングなどを手がける企業だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.