> > 2019年夏、猛暑でも大丈夫 OCCTO、夏季電力需給見通しを発表

2019年夏、猛暑でも大丈夫 OCCTO、夏季電力需給見通しを発表

電力広域的運営推進機関(OCCTO/東京都江東区)は、3月20日に開催した「第37回調整力及び需給バランス評価等に関する委員会」で、2019年度夏季の電力需給見通し(案)を示した。

これによると、2019年度夏季が、過去10年間で最も厳しい気象条件となり、一定の電源の計画外停止が発生した場合でも、「電源I'」の活用、火力増出力運転、連系線の活用により、全国で安定的な電力供給に必要な予備率3%を確保できる見通し。

また、夏季は、太陽光発電の出力状況等により、夕方などの最大需要発生時以外の時間帯で予備率が低下する傾向が確認されている。そのため、予備率が最小となる時間帯(17時)の需給バランスも確認した。この時間帯においても、全国で予備率3%以上を確保できる見通しである。

(※全文:925文字 画像:あり 参考リンク:あり)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.