> > 産業廃棄物の最終処分場、首都圏はのこり4.8年でいっぱいに

産業廃棄物の最終処分場、首都圏はのこり4.8年でいっぱいに

 印刷 記事を保存

環境省は、産業廃棄物処理施設の設置や産業廃棄物処理業の許可に関する状況などについて調査した結果(2015年度実績)を取りまとめ公表した。

これによると、産業廃棄物の最終処分場の残存容量(2016年4月1日現在)は、約1億6736万立方メートルで、前年度から約131万立方メートル(約0.8%)減少した。

2015年度の最終処分量と2016年4月1日現在の最終処分場の残存容量から最終処分場の残余年数を推計すると、全国では16.6年(前年比0.6年増)だが、首都圏では4.8年(前年比0.6年減)で依然として厳しい状況にあると指摘している。

その他の調査結果は以下の通り。

(※全文:1541文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.