> > 九州7県、今夏も独自のエコポイント制度開始 省エネ製品など支援

九州7県、今夏も独自のエコポイント制度開始 省エネ製品など支援

 印刷 記事を保存

九州版炭素マイレージ制度推進協議会(熊本県熊本市/運営事務局)は5月1日、九州各県と共同で行っている「九州版炭素マイレージ制度(九州エコライフポイント)」事業の夏季取組を開始した。

このポイント事業は、家庭や地域でのCO2排出削減を促進するため、電気などの使用量の削減といったの環境保全活動などに対して、商品やサービスと交換できるポイント券を進呈するもの。

県民による「家庭での電気使用量の削減」や「森林育成・保全などの環境保全活動への参加」、「省エネ製品の購入」などの取り組みを通して、家庭や地域でのCO2排出削減を促進し、低炭素社会の実現につなげるとともに、住民の省エネや節電の意識向上、美しく豊かな地域環境の創出、地域経済の活性化などを目的としている。

(※全文:1317文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.