> > 米国ライス大学、エコ・ハウスに最適な植物工場づくりを研究開発中

米国ライス大学、エコ・ハウスに最適な植物工場づくりを研究開発中

 印刷 記事を保存

米国テキサス州ヒューストンにある「ライス大学」では、学生が主体となって植物工場システムを製作する年間プログラムがスタートした。

エンジニアリング系の先生が週に1回、アドバイスをするだけで、他は学生がチームになって製作を行っている。

最初のプロトタイプは、屋外で栽培実験を行い、現在は室内での多段式の植物工場システムの完成を目指している。

本プロジェクトはスウェーデンのチャルマース工科大学と連携し、低炭素・環境に配慮した家づくり「エコハウス」に、今回の植物工場が採用される予定である。


この記事は、たとえば

  • 植物工場関連のメーカー側事業者にとって、海外での産学連携の事例として参考になります。
  • 家庭内に設置するタイプの消費者向け植物工場の事例・機能要件として参考になります。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.