> > シンガポール、植物工場などハイテク農業を推進 農地リースも20年に

シンガポール、植物工場などハイテク農業を推進 農地リースも20年に

 印刷 記事を保存

シンガポール政府は、植物工場や環境制御など、ハイテク農業を推進するため、新たに農地を確保し、現状の10年から20年リースに延長することを発表した。

ハイテク農業には、露地と比較すると大きな設備投資がかかり、研究開発も含めると投資回収までに一定の期間が必要となる。近年では農業分野への新規参入企業も増え、こうした生産企業からの要望に応えた形でリース期間を延長させた、という。


この記事は、たとえば

  • 植物工場関連の製品・サービスを提供する事業者にとって、海外市場の動向として参考になります。
  • 日本国内で農業のICT化、植物工場ビジネスの発展を計画する行政関係者にとって、海外での施策例として参照できます。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.