> > 小型・コンテナ型の木質バイオマス発電設備 燃料は竹などの木質チップ

小型・コンテナ型の木質バイオマス発電設備 燃料は竹などの木質チップ

 印刷 記事を保存
小型・コンテナ型の木質バイオマス発電設備 燃料は竹などの木質チップ

シンテックジャパン(東京都千代田区)は4月27日、小型バイオマスガス化発電設備「BioMax®Gen2」を採用した、三重県松阪市において計画中の木質バイオマス発電所が、経済産業省より設備認定の交付を受けたと発表した。

この発電所では、日本の気候・燃料環境下で同設備の良好な運転実績を実証するほか、竹材その他日本国内の広範囲な代替燃料源の実証試験を行う予定。運転開始は2017年8月を予定している。

同発電所の名称は「トライジェンパワー松阪発電所」。平均出力は155kW(発電端)、年間発電量は110万kWh(約310世帯分相当)。使用燃料は木質チップ(約1,500トン/年)。プラント設備はBioMax®Gen2 ダウンドラフト型ガス化発電設備1機(米Community Power Corporation製)。

発電した電力は固定価格買取制度に基づいて中部電力に売電する。

装置はコンテナ内包型で高い可搬性

米Community Power Corporation社製の同設備は、チップの乾燥から発電、灰処理まで一貫・連動したシステムで自動運転ができることや、コンテナ内包型のため可搬性が高く、発電所稼働までの時間を短縮できること、また1機あたり10m×10m程度の敷地があれば設置可能などの特長がある。

また、木質チップ、カカオ豆、クルミ殻、ヤシ殻など幅広い燃料に対応する。

燃料調達からメンテナンスまで包括的に運営

事業主体は、シンテックジャパンの子会社トライジェンパワー1(東京都千代田区)となる。また、同事業は、インテグリティエナジー(大阪府大阪府枚)との戦略的業務提携によって組成されたものだ。

この事業では、インテグリティエナジーとの戦略的パートナーシップのもと、燃料調達からエンジニアリング、オペレーション&メンテナンスまでをも含めた包括的総合的な事業運営をおこなうとともに、国内多数の候補案件を対象として、BioMax®Gen2を用いた地産地消型再生可能エネルギー事業の企画・販売・組成をより一層推し進めていく。

Community Power Corporation(CPC)社は、バイオマスの小規模ガス化発電システムの開発・製造およびプラント運営を手掛ける企業。

シンテックジャパンは、「BioMax®Gen2」の国内総代理店で、発電関連事業を展開するトライジェン・エナジー(東京都千代田区)とSynTech Bioenergy, LLC(CPC社親会社)が合弁で設立した販売会社である。

また、インテグリティエナジーは、国内で木質バイオマス発電事業を手掛ける、再生エネルギーコンサルティング事業会社である。

なお、この発電施設は、「BioMax®Gen2」を用いた国内第一号案件だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.