> > 省エネを一気に加速させる? 政府、カーボンプライシングについて会議

省エネを一気に加速させる? 政府、カーボンプライシングについて会議

 印刷 記事を保存

環境省は5月12日、排出量取引や炭素税など「カーボンプライシング(炭素の価格付け)」にあり方について、有識者から構成される「カーボンプライシングのあり方に関する検討会」の第1回会議を6月2日(金)に開催すると発表した。

本会議では、有識者、経済界等からの意見も聞きながら、長期的な温室効果ガスの大幅削減と経済・社会的課題の同時解決に役立つような、日本のカーボンプライシングの活用のあり方について、大局的な見地から論点を整理し、様々な方向性について検討していく。

座長は、日本社会事業大学学長・東京大学名誉教授の神野直彦氏が務める。同省はその他、10名の委員名簿を公表した。第1回会議では、「日本の温暖化対策の現状」と「カーボンプライシングの意義および効果・影響」について検討する予定。

長期大幅削減に向けカーボンプライシングに期待

パリ協定の発効を受け、世界は今後、脱炭素社会に向かって移行していくものと見込まれている。日本も、長期的目標として掲げる2050年までに80%の温室効果ガスの排出削減や、その先の脱炭素化に向けて舵を切っていくことが求められている。

(※全文:1401文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.