> > エネルギーハーベスティングとLPWAで果樹園の「霜」監視、コスト削減

エネルギーハーベスティングとLPWAで果樹園の「霜」監視、コスト削減

 印刷 記事を保存

JAふくしま未来は、果樹の防霜(ぼうそう)対策を目的に、NTT東日本の圃場センシングソリューション「eセンシング For アグリ」を導入し、4月より運用を開始した。

本取り組みは、エネルギーハーベスティング(※1)に基づくLPWA(※2)を利用したセンシングによる生産管理を行う業界で初めての取り組みとなります。

  • ※1 太陽光、機械の発する振動、熱などのエネルギーを採取し電力を得る環境発電技術
  • ※2 省電力でkm単位の距離で通信できる無線通信技術の総称

この記事は、たとえば

  • 「霜」による凍霜害に悩む農業関係者にとって、人件費を大幅に減らす対策として参考になります。
  • 農業関連製品・サービス提供事業者にとって、農業のICT化、IoT活用の事例として参照できます。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.