> > 長野県小諸市も! 事業用太陽光発電(出力50kW以上)にガイドライン

長野県小諸市も! 事業用太陽光発電(出力50kW以上)にガイドライン

 印刷 記事を保存

長野県小諸市は5月15日、太陽光発電設備を設置する事業者に対して、地域住民とのトラブル発生を抑制するため、事業計画において配慮すべき事項を具体的に示したガイドラインを新たに作成し公表した。

同市では、現在、敷地面積500平米以上の太陽光発電設備を設置する際には、小諸市環境条例・小諸市環境条例規則に基づく届出が必要となっている。今後2017年7月1日以降は、50kW以上の出力を有する太陽光発電設備を設置する際の届出には、同ガイドラインが適用される。

(※全文:862文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.