> > 居住者ニーズに応じたZEHとは? 積水ハウスのZEH、販売好調

居住者ニーズに応じたZEHとは? 積水ハウスのZEH、販売好調

 印刷 記事を保存

積水ハウス(大阪府大阪市)は5月15日、2016年度の新築戸建住宅におけるZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の販売実績が目標の71%を上回り、74%となったことを発表した。

2013年から販売を開始した同社のZEH「グリーンファースト ゼロ」の累積販売棟数は28,195棟(2017年3月末時点)。同社によると、日本最大のZEH販売実績だという。

ZEH化できない条件を減らし、ニーズに合ったZEHを提案

ZEHは断熱性能と省エネ設備で消費エネルギーを削減、さらに太陽光発電燃料電池など創エネ設備を活用し一次エネルギー収支をゼロにした住宅をいう。

同社は、高いZEH比率の実績について、エネルギー効率だけを考えたZEHではなく、暮らしの本質を追究したZEHの結果と説明する。

(※全文:1054文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.