> > 田植え機をGPSで自動操縦 千葉県柏市の水田でIT農業の実証実験開始

田植え機をGPSで自動操縦 千葉県柏市の水田でIT農業の実証実験開始

 印刷 記事を保存

株式会社トプコンは、稲作でのIT農業の普及推進に向け、千葉県柏市の水田でIT農業の実証実験を開始した。

水稲の生産工程である、圃場整備(代掻き)から、田植え、肥料散布(追肥)、収穫の工程で随時IT農業機器を使用し、その効果を検証していく。

第一段階として本年度は、市販の田植え機にGPS受信機とモーターを内蔵したハンドルを取り付け、自動操舵による田植えを行った。


この記事は、たとえば

  • 稲作(米作)農家にとって、ICT化/効率化/コスト削減の手法として参考になります。
  • 農業関連のサービス提供事業者にとって、他社サービスの事例として参照できます。
  • IT系企業にとって、サービス提供先のマーケット情報として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

前後の記事

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.