> > 恒例「新エネ大賞」募集開始 昨年の大臣賞はバイオマス混焼発電設備

恒例「新エネ大賞」募集開始 昨年の大臣賞はバイオマス混焼発電設備

 印刷 記事を保存

新エネルギー財団(東京都豊島区)は、新エネルギー等にかかわる製品の開発・導入および普及啓発活動を広く公募し、そのうち優れたものを表彰する「平成29年度 新エネ大賞」の募集を開始した。募集期間は7月14日まで。

同賞は、新エネルギー等の導入の促進を図ることを目的に、同財団が主催し、経済産業省の後援により実施されている。これまでに204件の優れた案件が表彰され、先導的な事例として新エネルギー等の普及促進に大きな役割を果たしてきた。

受賞した団体・企業は、受賞した製品、導入事例等の一般へのPR等のため、「新エネ大賞」受賞のエンブレムを使用することができる。

募集対象部門は、「商品・サービス部門(新エネルギー等の製品、周辺機器及び関連サービス商品にかかわる部門)」、「導入活動部門(新エネルギー等の導入にかかわる部門)」、「普及啓発活動部門(新エネルギー等の普及啓発にかかわる部門)」の3つで、概ね3年以内に開発・導入・活動開始されたものが対象。先進性・独創性、実績、将来性・発展性等が評価項目となる。

「新エネ大賞」の募集概要は次の通り。

(※全文:1367文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.