> > 関西電力「トラブル対応たのむ」 → 東京電力「いいよ」 → 提携へ

関西電力「トラブル対応たのむ」 → 東京電力「いいよ」 → 提携へ

 印刷 記事を保存
関西電力「トラブル対応たのむ」 → 東京電力「いいよ」 → 提携へ

提携イメージ

関西電力(大阪府大阪市)は5月26日、首都圏における家庭向け電力販売の新たな取り組みとして、東京電力パワーグリッド(東京電力PG/東京都千代田区)と提携し、「でんきの駆けつけサービス」の提供を開始すると発表した。

同サービスの対象は、6月1日以降に「はぴeプラス」を契約する顧客。家庭でブレーカーや電気の配線、コンセントといった設備が原因で停電が起きた場合等の電気設備のトラブルに、東京電力PGが原則無料で駆けつけサポートする。受付対応は24時間365日行う。

なお、「はぴeプラス」とは、同社が首都圏の家庭など低圧供給の顧客を対象した料金メニューで、すでに同プランに契約している顧客も自動的にサービスの対象となる。同社による「でんきの駆けつけサービス」は、関西エリアでは、2016年4月から行っている。

今回の取り組みは、安心して同社の電気を選んでもらえるよう、新サービスとして導入したもの。

電力販売で11社、ガス販売で37社と提携

関西電力は、首都圏における電力の販売で、新たに、家庭・法人向け水宅配事業を手掛けるアクアクララ(東京都港区)と、埼玉県全域で地域電気店の販売・経営等の支援を行っている、埼玉県電機商業組合(埼玉県上尾市)と提携。提携先はこれまでの9つとあわせて、計11に拡大した。

また、ガスの小売全面自由化で対象となった家庭や法人向けのガスサービス「関電ガス」の販売においても、新たに23の企業と提携し、提携先がこれまでの14とあわせて、計37に拡大したことも発表した。

新たにガスの販売で提携したのは、イーエネ(京都府京都市)、しき島ガスワン(兵庫県加古川市)など。今回発表になった、電力とガスの販売における新たな提携先は、準備が整い次第順次販売活動を開始する。

なお、イーエネはスマート電化、再エネ機器の提案・販売を手がける会社で、しき島ガスワンは液化石油ガスの製造・販売、関連器具の売買等を手がける会社。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.