> > 2016年に輸出入された「特定有害廃棄物」 輸出は増加、輸入は減少

2016年に輸出入された「特定有害廃棄物」 輸出は増加、輸入は減少

 印刷 記事を保存

経済産業省と環境省は5月26日、処分・リサイクルを目的とした特定有害廃棄物等の輸出入に関するルールを定めた、バーゼル法に規定する特定有害廃棄物等の2016年(1月~12月)における輸出・輸入の実績をとりまとめ公表した。

同取りまとめによれば、2016年に、バーゼル法に規定する手続を経て実際に日本から輸出された特定有害廃棄物等の総量は、208,238トン(2015年比約20.6%増)で、日本に輸入された特定有害廃棄物等の総量は、29,833トン(同比約22.5%減)だった。

バーゼル法第15条に基づく報告徴収および第14条に基づく措置命令の実施件数はともに0件だった。

輸出は鉛蓄電池、石炭灰、金属リサイクル系

2016年の特定有害廃棄物等の輸出総量は208,238トンで、輸出移動書類交付件数は1,007件(2015年比約4.5%増)。主な品目は、鉛スクラップ(鉛蓄電池)、石炭灰、硫化鉛、銅合金灰、銅ドロスで、金属回収等を目的とするものであった。また、主な輸出先は、韓国、香港、ベルギーだった。

(※全文:1644文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.