> > 北海道のメガソーラーにリチウムイオン蓄電池 コンテナ式で容量6750kWh

北海道のメガソーラーにリチウムイオン蓄電池 コンテナ式で容量6750kWh

 印刷 記事を保存

GSユアサ(京都府京都市)は5月31日、北海道釧路郡の「釧路町トリトウシ原野太陽光発電所」における出力変動緩和のため、蓄電池容量6,750kWhのコンテナ式リチウムイオン電池システムを納入し、4月3日に運用を開始したと発表した。

今回同社が納入したリチウムイオン電池システムは、同発電所の管理運営を行う大林組(東京都港区)より受注したもの。

三菱電機(東京都千代田区)と共同で、実際の太陽光発電所の出力変動データを用いて検討を重ね、最適なシステムを構築したという。

また、システム全体の信頼性担保として、24時間全セル電圧管理や故障監視を行い、万が一の故障発生時は、従来より保有している全国ネットワークを活用し、顧客の要請に対応する。

同社によれば、このリチウムイオン電池システムは、内部抵抗の小さい高エネルギータイプの小型リチウムイオン電池「LIM50EN」の採用により、システムのコンパクト化・長寿命化、変動吸収運転に重要な最適SOC(充電率:満充電状態を100%とした場合の残存容量の割合)の管理を実現したとしている。

電池数量(セル)は、38,400(16モジュール直列×10並列×2ユニット×10コンテナ)。

(※全文:1283文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.