> > インドネシアが「グリーンシティ計画」 200以上の都市型農業をスタート

インドネシアが「グリーンシティ計画」 200以上の都市型農業をスタート

 印刷 記事を保存

インドネシアの首都ジャカルタの都市部でも、都市型農業を推進し、グリーン・シティーにする取組みが進められている。政府は今年、75のエリアにて野菜や薬用植物、果物などを栽培する計画を発表し、緑のあふれる美しい都市の整備とともに、都市部における食料問題を解決しようと試みている。

住民に対しても、農業が手軽で、より身近なものに感じてもらうように、従来型の農業だけでなく、狭いスペースでも栽培できる多段式や水耕栽培のような新しい技術も活用している。


この記事は、たとえば

  • 都市型農業の実施・推進を検討する自治体にとって、海外での実施事例として参考になります。
  • 農業向け製品・サービスを提供する事業者にとって、海外市場でのニーズとして参照できます。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

前後の記事

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.