> > ハンファQセルズ、32セルの小型太陽電池を発売 屋根の面積を有効利用

ハンファQセルズ、32セルの小型太陽電池を発売 屋根の面積を有効利用

 印刷 記事を保存
ハンファQセルズ、32セルの小型太陽電池を発売 屋根の面積を有効利用

サイズの違う太陽電池モジュール(既存製品の設置事例)

ハンファQセルズジャパン(東京都港区)は6月6日、32セルの住宅用小型太陽電池モジュールを日本限定で6月15日より販売すると発表した。

製品画像

製品画像

日本の住宅向け太陽光発電システムにおいては、60セルや48セルの小型太陽電池モジュールが主流になっている。

同製品は、限られた屋根面積の有効活用という観点からさらに小さいサイズの太陽電池モジュールのニーズに対応したもの。これにより住宅屋根の有効面積を活用でき、複合的な寄棟屋根などで特に効果を発揮するほか、一般的な切妻屋根や寄棟屋根でも設置容量が向上するとしている。

同製品の公称最大出力は160Wで、「25年間の出力保証(リニアワランティ・無償)」、「15年間の長期安心システム保証(無償)」、「災害補償10年」、「日照補償1年」といった、各種保証/補償制度が用意されている。

セル裏面の特殊ナノ・コーティングで発電効率向上

一般的な高効率セル(PERC構造)では、初期のセル内部構造の変化によって太陽電池モジュールの出力が低下する現象(LID)がみられ、それを克服する出力安定化技術が重要になる。同社は、高効率Q.ANTUMセル量産化に成功し、初期の出力を安定的に確保する技術を確立したとしている。

同製品で使われているQ.ANTUMセル技術とは、特殊なナノ・コーティングが施されたセルの裏面により、無駄になっていた太陽光のエネルギーを、セル内に閉じ込めることで活用度を高めるもの。

これにより、多くの電気を生み出すことに成功した。同社発表によれば、2011年、発電効率19.5%を達成し、多結晶セルの世界新記録を樹立している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.