> > ダイキンの「未来の水車」マイクロ水力発電 水道管ではじまる発電事業

ダイキンの「未来の水車」マイクロ水力発電 水道管ではじまる発電事業

 印刷 記事を保存

ダイキン工業(大阪府大阪市)は6月7日、同社が開発したマイクロ水力発電システムを自治体が保有する水道施設に設置し、発電事業を行う子会社「DK-Power(ディーケーパワー)」(大阪府吹田市)を同日に設立すると発表した。

DK-Powerは、様々な自治体の水道事業者や、地域の工事事業者、送配電事業者と協力して発電事業に取り組み、設置したマイクロ水力発電システムの管理・運用・売電を行う。

また、2020年に年間発電量で一般家庭2万3,300軒分に相当する84,000MWhの発電を目指す。

一般的なマイクロ水力発電システムの約1/2の設置面積

同社が開発したマイクロ水力発電システムは、水道施設の水道管に接続することで、未利用であった水力エネルギーから電気を創り出す。既存の水道施設に設置するため、大規模な施設を新たにつくる必要もない。

従来のマイクロ水力発電は、発電規模に対して導入コストが高く、また機器の大きさによって設置場所が限定されていた。しかし、このマイクロ水力発電システムの設置面積は、一般的なマイクロ水力発電システムの約1/2で、導入コストも大幅に削減できる「未来の水車」としている。

(※全文:1484文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.