> > 台湾、原発を止めて洋上風力発電 日本からも技術・制度を支援へ

台湾、原発を止めて洋上風力発電 日本からも技術・制度を支援へ

 印刷 記事を保存

一般財団法人日本海事協会は6月7日、台湾での洋上風車認証制度の確立に向け、同国の台湾金属工業研究発展中心(MIRDC)および台湾験船中心(CR)との間で、洋上風力に関わる包括的な連携協定を締結したと発表した。

日本海事協会(東京都千代田区)は6月7日、台湾での洋上風車認証制度の確立に向け、同国の台湾金属工業研究発展中心(MIRDC)および台湾験船中心(CR)との間で、洋上風力に関わる包括的な連携協定を締結したと発表した。

台湾では、2025年までに既存の原子力発電所の運転を停止することが決定されている。台湾政府は有力な代替エネルギー源、また新産業育成の観点より、洋上風力の開発を積極的に進めており、商業化への機運が高まりを見せている。

(※全文:1040文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.